toggle
2019-11-25

グランメゾン東京と長谷川理恵とスクワットと

鎌倉、江ノ島のパーソナルトレーナーの道上香織です。
11月も間も無く終わり、いよいよ年末です。
年末になると「あ、これ今年もやれなかった」のTOP10には必ずトレーニングと言うカテゴリが入っていると思います 笑
わたしも以前はそうでした。
会社には素晴らしいトレーニング施設があったのに、「誰かに会ったら恥ずかしい」とか「早く帰って飲みたい」とかそんな気持ちが先行してました。
やったらいいって分かってはいたけれど、そんな努力をすることもあまり好きではありませんでした。

努力を惜しまない、いつでも青春

あまりドラマは観ないのですが、日曜日のグランメゾン東京は欠かさず観てます。
三ツ星レストランを作る大人の青春ドラマ!
昨夜も胸熱笑。
わたしは見習いの男の子の応援団。毎日5mm角に野菜を切る下働きばかりさせられて、お客さまに出す食材を直接触らせてもらえない、賄いを作っても皆からの評判は下の下、少々腐ってライベルのレストランに情報をリーク、挙げ句の果てにアクの強い野菜を切った包丁で魚を捌き、それを叱られ逆ギレし店を辞める。
勢いで新しい料理のレシピをライバル店に渡すも、レシピ通りに別の料理人が作っても尾花夏樹(キムタク)と同じにはならない。
一流の料理人はレシピを取られたくらいでは動揺しない←イタク感動
一つの食材で何度も調理法を変え試す、自分たちが納得するまで何度もやる。それをやるのは当たり前←そうそう、それそれ!
結果、見習いくんはまたグランメゾン東京で働きます。もらったお金はどうしたのかな?笑

 

今日ご来店したお客さまが長谷川理恵さんのような身体に憧れますと話されていました。
長谷川理恵さんといえば、昨今の女性タレントのランニングブームの牽引者。
わたしが以前勤めていた会社でも理恵さんをサポートして、ホノルルマラソンでは初めてにしてサブ4を達成されたツワモノです。
痩せていることが美徳とされたモデルさんがフルマラソンを走る、その後何度も完走され、彼女のライフスタイル、食や鎌倉での生活も注目されていましたね。

そして、最近某スポーツメーカーの企画で3年振りにフルマラソンに挑戦されると言うトピックスを知り、SNSでフォローしていました。

半年かけて、フルマラソンを完走、しかもサブ3.5を目指すトレーニングをされ、見事3時間28分で完走されたそうです。
マラソンは走ることだけでは決して速くはなれません。
走れる為の身体作り、心肺機能のトレーニング、もちろん食事と休息。
どれもその日の為にコツコツと努力をされた結果が、素晴らしい成果となったようで、とても感動しました。
45歳の再挑戦、美しい!そして、これも青春!
お客さまと感動を共にし、その方の目標としている長谷川理恵さんのような身体作りのプランを練ります。
背が高く、フラメンコやサーフィンを楽しむお客さまですから、コツコツと努力されて目標に近づいて下さると信じています。精一杯サポートします!

 

 

さて、3つ目の青春はわたしです。
昨日カヌーで材木座から茅ヶ崎までノンストップで漕ぎました。

茅ヶ崎まで漕ぐのは3度目です、でもノンストップで行くのは初めて。
「漕ぐ手を止めない!」って決めて臨みました。
わたしの乗った船は2時間かかって、茅ヶ崎までたどり着きました。速いチームより20分遅いタイム。
でも、タイムとか言うレベルでは当然ないので、無事に到着することが目的。個人的には先ほどの漕ぎ手を止めない。
結果目標は達成されました。
この距離を漕げる体力があるって自信になりました。
なかなかパドルの練習には行けなかったけど、陸トレした甲斐がありました。
毎日のスクワットと、週2−3回のランニングの成果です!
(他にももちろんやってますが 笑)
このスポーツをもっともっと続けていきたいから、漕ぐことはもちろん、若くない分(爆笑)基礎トレーニングをしっかりやって続けます。
そこ、得意ですから笑

みんないつまでも青春(やや、いや相当古いが)

ちょっとの努力とやる気の炎を小さく燃やし続けることで、貴方のなりたいと思った姿になれるってわたしは信じています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です